人の体に必要なビタミンAは緑黄色野菜に豊富に含まれている

人の体に必要なビタミンAは緑黄色野菜に豊富に含まれている

現在では、野菜不足に悩んでいる人は少なくはありません。

 

健康のために野菜をたくさん食べなければと思っている人もたくさんいるでしょう。
野菜の中でも、緑黄色野菜は特に食べるように勧められています。

 

しかし、どうして緑黄色野菜を積極的に食べる必要があるのかをしっかりと考える人は少ないのではないでしょうか。

 

野菜は体にいいから食べると思っている人は多いと思います。
でも、野菜を食べることによってどうして体にいいのかを考える人は少ないように思います。

 

緑黄色野菜には、多くの栄養素が含まれているのです。
厚生労働省では、1日分350グラムの野菜を摂取するように推奨されています。
緑黄色野菜120グラム、淡色野菜230グラムです。

 

1:2の比率を守って食べるようにするのが理想と言われています。

 

淡色野菜には、緑黄色野菜に比べてカロテンの量はすごく低いと言われており、同じ野菜でも、淡色野菜ばかり食べるのは良くないのです。
とはいえ、淡色野菜にしかない栄養素もあるので、緑黄色野菜とバランスよくとることによってそれぞれの栄養素の効果がしっかりと働くと言われています。

 

緑黄色野菜に含まれているカロテンは、体の中でビタミンAに変わります。

 

ビタミンAは、体にとってすごく大切な栄養素の一つで、欠乏するといろいろな病気や症状が出てきます。

 

暗いところでものが見えにくくなったりなど、暗闇に目が慣れないなどの症状を起こす夜盲症も、ビタミンAの不足によって起こる症状だと言われています。
そのほかにも、ドライアイになりやすい人も、ビタミンAが不足していることが多いと言われています。
ビタミンAは、目にとって必要な栄養素なのです。

 

そのほかにも、お肌の新陳代謝や体の免疫にも欠かせない栄養素だと言われています。

 

ビタミンAは脂溶性のビタミンなので、過剰に摂取することも危険ですが、野菜からでは過剰に摂取するほど1日では食べることはできないと言われています。
人の体に必要なビタミンAは緑黄色野菜には豊富に含まれているのです。