悩み

50歳になった頃から前髪の薄毛に悩むようになりました

後頭部の髪の量に悩んでいた時期が有ったのですが、50歳になった頃から前髪の薄毛に悩むようになりました。

最近はストレスとか男性ホルモンの影響で、女性でも薄毛に悩む方が多いと聞いています。男性の場合薄くてもカッコ良くスキンヘッドにされたり俳優さんの様にそのまま自然体で生活されている方も多いと思いますが、女性はなかなかそうは行きません。

昔から髪に良いのは海藻類と聞いていましたので、わかめ、ひじき、昆布など中心に食生活を変えています。そのおかげで、髪の質も少しですが変わりつつ有るように思います。

市販の薬用ションプーなどで、頭皮を綺麗に保つ事も良いとされ居るようなので実践して行こうと思います。

また、頭皮を柔らかく保つ事も良いとされて居るようです。頭皮マッサージ様に開発されていゴム製の洗浄からヘッドスパまで対応出来る優れものも有るようです。気持ち良さそうですね。

また、手の形をしているような頭皮を刺激する物も好評みたいです。頭全体をまんべんなくマッサ-ジしてくれそうです。

家電メーカーに行くと有るみたいです。男性には育毛と言う方法も有ると思いますが、女性は少し抵抗が有るように思います。女性の場合育毛よりは一部カツラの様に、ヘアースタイルを変えてしまう事も可能です。CMなどでよく見るように簡単にボリュームアップしたり出来るのですが、やはりまだ自分の髪で勝負したいと思います。

まだ、前髪が薄いぐらいなので、まずは、ストレスを貯めない、趣味を極めてストレス発散、頭皮対策、自分にあったションプーなどを模索する、特に加齢エイジング効果のあるシャンプー頭皮に栄養を与えるエッセンスなど、頭皮のストレスを取り除いてくれるマサージ機などの使用、これらの事を徐々に取り入れ、自分の薄毛対策に取り組みたいと思っています。

まだまだ、思いのままの髪型にもしてみたいですし、髪色も自由に選びたい、女性としてまだ頑張りたいと思っています。

ハゲている人には寛容であるようにしましょう

私の髪の毛は細く、しかもおでこが広いです。
もともと髪の毛が薄く、おでこが広いため、昔から「ハゲ」と言われてきました。
それに対して私は何も言い返せない事ばかりで、こんな体にした両親を恨むことも多々ありました。

でも、今は全くと言っていいほど気にしていません。

実際問題としてその「ハゲ」と言っていた人が実際にハゲているからです。
それに比べて私は単に髪の毛が細くおでこが広いだけです。

ザマア見ろって感じです。今、私がそう言う奴らに「ハゲ」って言ったら、かつて自分たちが私の事を「ハゲ」って言っていたことがあるため、反論もできないし、グウの音も出ないでしょう。

過去はそうであっても現在になってしまいさえすれば皆30代、当然髪の毛や体毛や加齢臭などの悩みは出てくるはずです。

それが私にはありません。過去はそれがコンプレックスになっていても、今は何も気にする必要がないんです。
私に「ハゲ」と言っていた人たちの今を知ったら「へそで茶を沸かす」というのが正直な感想です。

確かにそういう連中に限ってテストの点数が自分より悪い連中ばかりなんです。
さんざん暴言を吐いたり冷やかしたりしていた連中が今、自分が過去に放った暴言を今自分の元に帰ってくるのです。

髪の毛の悩みはあります。もちろんおでこが広いことも事実です。
でもおでこが広いだけでハゲてはいません。

小さいころからそのコンプレックスに悩まされてきてますから慣れてしまっています。

でも、いとこでさえ2つか3つ年上なだけなのに「ハゲ」てきているのです。
同じクラスだった奴らも、住んでるところが違いますから一概には言えずとも、髪の悩みはかなりあると聞いています。

そう言う奴に限って「ハゲも髪型の一種」といってごまかそうとするんです。
別にごまかしてもいいけど、自分の息子や孫にはどう開き直るのか見ものです。

かつてそう言っていた奴らは勉強でもバカにしていました。
学力テストなんかでは地域によって開始日が違うため、それを利用しカンニングをし、ヤキを入れられていました。

人の悩みには寛容であれば、自分は嫌な思いをせずに済みます。
皆さんも寛容さを忘れないでください。